外でウクレレを弾いてみる?

こんにちは!

私の生徒さんの中には「この前、公園で弾いてみました!」「旅行にウクレレ持っていき海岸で弾きました!」など外にウクレレを持って行き、弾いている方がいます。(中には家族にうるさいと言われ外で弾く、、という方もいるみたいです 笑)

ウクレレは楽器の中でも非常に小型です。ですから持ち運びにとても便利な楽器なのです。せっかくなのでその特性を生かしましょう!秋晴れの日などは是非ウクレレを公園に持って行き、弾いてみましょう。

生徒さんの中にはストリートミュージシャンのようなことをした人もいます。話をきいてみると「全然聞いてくれなかったけど、1人か2人ぐらいは立ち止まってくれた、、、でも楽しかった、、」「家で弾いているより開放感がありよかった」などと楽しい感想を聞かせてもらいました。こんな話もありました。「天気がよかったので土手で練習していたら、これから演奏が始まると思われて、わらわらと人が集まってきたんですよ。あせりました」おもわず笑ってしまいました。

私の住んでいる場所は江戸川区なのですが南の方に「葛西臨海公園」というのがあります。かなり大きい公園で水族館やバーベキュー場などがあります。私はこの公園が好きでよく行くのですが楽器を弾いている人を何回か目撃しています。印象に残っているのが、2人組で、片方はギターを弾き、(もう一人はボーカル?だと思います)その2人組が演奏しながら公園内をねり歩いていました。ちょっと驚きました。

私もイベントなどで何度か野外で演奏したことがあります。室内と違い音が散ってしまうので音響的にはベストとはいえませんが、普段と違う解放感がありとても充実します。また野外の演奏だとお客さんとの距離が近くなります。演奏が終わって話しかけられることもよくあります。ハワイアンの野外ライブで、演奏終了後に声をかけられ、ライブの仕事を頂いたこともあります。(その方はライブハウスのオーナーでした)

ただ「外で楽器を弾く」というのは、楽器にとってはリスクがあります。特に夏の海岸などは要注意です。まず直射日光はNGです。塗装などにダメージ大です。また海の潮も楽器によくありません。(経験済みです 笑)やはり夏場はリスクが大きいです。(でも夏の海岸でウクレレを弾くのは最高です!)
また、公園によっては楽器を弾くと注意される所もあるので気を付けましょう。

いずれにせよ、普段と違った場所で楽器を弾くというのはとても新鮮です。チャンスがあれば「外で楽器デビュー」をしましょう!

また次回。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする