楽器の習得は独学で可能か?

こんにちは。
今回は「楽器の習得は独学で可能か?」というタイトルで考えていきます。

現在では「ユーチューブ」などでウクレレやギターの講座がたくさんあります。また楽器屋さんの楽譜売り場に行くと「すぐに弾ける、、」等の楽譜や教則本があります。

結論から言えば「独学で楽器を習得することは可能!」となります。
しかし、いくつかの短所はあります。

まずは「習得に時間がかかる!」です。

練習の中での困難な箇所のアドバイスはありません。自力で解決していくしかありません。もちろん、教則本の中や「ユーチューブ」の中で解答があるかもしれませんが、やはり時間がかかります。

もう一つは「フォームなどが自己流になりやすい!」という事です。

実は「一旦自己流として染み付いたフォームは改善するのが大変!」なのです。
特にフォームの重要性がとても高い「クラシックギター」では自己流の癖を直すのは大変です。(もちろん「ウクレレ」でもフォームは大事ですが)

「体験レッスン」でも、「力の入ったあまりよくないフォーム」で弾かれている方は意外と多いです。話を聞くと「独学でしばらく練習していた」、、これはよくあります。

楽器を習う利点としては「指摘」もしくは「アドバイス」にあると思います。独学で染み付いた癖などは意外と自分では気がつかないものです。しかし講師の先生はそれを見てすぐに判断し「アドバイス」や「指摘」を提供する事が出来ます。

私も師匠に習っていた時、思いもよらない「指摘」を受け、とてもためになった経験が多々あります。

また、楽器を習うと楽器の事だけではなく、リズムや音楽理論なども学べる場合があるので、独学よりとても有利です。
ちなみに私の教室ではリズム練習は必須課題です。(笑)
「リズム練習」というのは、まず独学ではやらない練習だと思います。(笑)
しかしこの「リズム練習」というものは楽器を弾く上で避けて通れません。ですから、このような「独学ではやらないであろう練習」をやる事が「習う」事の良い点です。

ウクレレやギターなどは手軽な楽器です。しかし独学だと可能ではありますが、大変です、、習う方が早く上達します。

楽器のある生活は楽しいですよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする