ウクレレ練習にあったらいい物

こんにちは

今回はウクレレの練習において、「あったらいい物」をお知らせします。
まず、ウクレレ本体  (あたりまえです、、笑)すいません、、それでは

1、ケース これは買ったときに付属している場合が多いですが、もしなかったら是非買っておきましょう。ウクレレの良いところは「楽器か小型どこへでも持っていける」というのが利点です。弾けるようになって海岸などで弾いたら楽しいですね。

2、チューニングメーター 音を合わせる機械です。いろんなタイプがあります。それこそスマホのアプリにもあります。おすすめはクリップ式の物です。これは音を振動として拾うので周りに雑音があったも大丈夫です。ウクレレ専用はもとよりギター、ベースなどオールマイティなタイプもあります。

3、譜面台  譜面台があると譜面が見やすく目が疲れません。定位置に置くことにより「練習スペース」という空間ができモチベーションもあがります。ただ意外とスペースを取るのが難点です。

4、メトロノーム  独学では持っていない方が多いと思います。これもスマホのアプリにありますが、できれば用意しましょう。おすすめは、昔ながらの振り子式ではなく、電子式の方が音量の調整などができ、使いやすいです。

5、予備の弦  弦はチューニングの時に切ってしまうことが意外とあります。例えばチューニングメーターは比較的近い音しか正確な反応をしません、合わせたい音を通り過ぎてしまい、まで合っていないと思い、音を上げていき最終的に弦を切ってしまう、、、これは結構ありがちなことです。

少しずつ揃えていければいいと思います。最初はチューニングメーターだけでもかまわないと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする