ウクレレはすぐ弾ける?

「ウクレレってどれくらいで弾けるようになるの?」これはよく聞かれる質問です。
さて、どれくらいで弾けるのでしょうか?
まず、「弾ける」というのが、「簡単なコードで伴奏」から「難しいウクレレソロを綺麗に弾く」まで幅広く、どこな目的を置くかで違ってきます。たとえば、「簡単なコードで伴奏」の例ですと、3つのコード(2つでもOK)を覚えます。ここでは  C  F  G  を覚えます。すべてのコードにおいて小指は使っていないので比較的楽に押さえられます。(Cのコードなんて指1本で押さえられます。また小指を使うコードは少し難易度があがります。)これをハ長調の主要三和音と言います。
このコードのみで作られている曲はたくさん
あります。もちろん人それぞれですが、早い人だとレッスン当日に弾けます。ギターと比べても最初は簡単に感じます。しかし、ただの3コードの伴奏といっても、しつかりとリズムに乗りバランスよく演奏するにはそれなりの練習と期間が必要です。かつ「難しいウクレレソロを綺麗に弾く」場合はかなりの練習と年単位の期間が必要になるでしょう。何事も極めるのは大変ですね。

やはり基本的は「継続」です。頑張りましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする