台風が各地に爪痕を残しました!

こんにちは。

台風が各地に爪痕を残しました。

私の教室のある江戸川区は早々と「避難勧告」が出ました。丁度その日はレッスンが休みの日だったのですが夜にライブがある予定でした。店からはすぐに連絡があり、中止になりました。

前日は千葉で演奏があり、帰宅したのが深夜になってしまいました。すぐに教室に向かい、看板等を中に入れ、対策をしました。私の教室はマンションの8Fなので浸水等の心配はなさそうなのですが、油断は禁物です。

やっかいなのが「停電」です。長引くようならレッスンなどに支障が出ます。また、エレベーターも使えなくなるので、レッスン自体をお休みするしかありません。

近くのコンビニに行き、水や食料、電池などを購入しようと思いましたがほとんどありません、、、笑
(出遅れた感、満載です)

台風当日となりそわそわしていましたが、昼間は雨は降っていましたが風はありません。「本当にこれから台風が来るのかなぁ?」という心境でした。

すると早速の「避難勧告」!びっくりです。江戸川区の潔さ?のようなものを感じました。(笑)
江戸川区は0メートル地帯と呼ばれています。実際はマイナス1〜2メートルぐらいと聞いた事があります。ですから荒川、江戸川が決壊したらアウトです。そう考えると避難場所自体も安全とは言えません。
ですからもう少し様子を見ようと思いました。

このような時こそ、楽器を弾き心を落ち着けようと思ったのですが妙なそわそわ感がありなかなかそのようにはできません。

ふと思ったですが、よく「タイタニック」の話にある「船が沈むまで楽団が演奏していた!」というのはとても凄い事だと思います。

また、このような時に気持ちを「ポジティブ」にすることは大事ですが難しいです。
ただ「ポジティブ」に考えすぎて「楽天的」になることとは違います。相手は「自然」です。人は「心配性」ぐらいがちょうどいいのかもしれません。

やがて夜になり本当の「嵐」がやってきました。笑
江戸川区は瞬間最大風速40メートルを超えたそうで、その日のありがたくない日本1の風速を観測したそうです。

実際「もの凄い状況」というのは1〜2時間ぐらいです。それを過ぎると風は衰え、元の状態に戻っていきます。

今回は私の周りではそれ程の被害が出なかったようですが、世田谷区や長野県では大変だったようです。(被害のでている方にはお見舞い申し上げます)

「自然」相手には「謙虚」と「心配性」で対峙するしかないですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする