アドリブを段階的にマスターする!その5

こんにちは。

今回は「アドリブを段階的にマスターする!その5」になります。

「段階的にアドリブを弾けるようにする!その4」はこちら

「段階的にアドリブを弾けるようにする!その3」はこちら

「段階的にアドリブを弾けるようにする!その2」はこちら

「段階的にアドリブを弾けるようにする!その1」はこちら

ミュージックトレイン笹原ギター教室newブログはこちら

テーマは「マイナーkeyでのアドリブ」です。

まずマイナーkeyの場合、メインになるスケールが3タイプあります。(図2.3.4)

1、ナチュラルマイナースケール

2、ハーモニックマイナースケール

3、メロディクマイナースケール

ちなみにナチュラルマイナースケールはエオリアンスケールとも言います。

1楽譜1
1.2楽譜1
11.33楽譜

では練習開始、!(笑)

1、各スケールを覚えます。指板上にドットで浮かぶようになるとベストです。

2、次に伴奏に合わせて練習します。(図1)
伴奏パターンは、

|Cm7|Fm7|Dm7♭5|G7|

この4小節の繰り返しです。

メロディクマイナーなどはコードと合わない所が有りますが気にせず練習します。(笑)
大事な事は伴奏コードに対してスケールの雰囲気を確認する事です。

2、前半の2小節(Cm7、Fm7)はCナチュラルマイナースケール、後半の2小節(Dm7♭5、G7)はCハーモニックマイナースケールに切り替える練習。

これは前半の2つのコードはCナチュラルマイナースケールのダイアトニックコードにあり、後半の2つのコードはCハーモニックマイナースケールのダイアトニックコードにある為です。要はスケールとコードの親和性が高いからです。

3、Cマイナーペンタトニックスケールをさらっときます。これはE♭のメジャーペンタトニックスケールと同じです。このスケールは伴奏コードのどこで使っても大丈夫な、安全牌的(笑)スケールです。

4、フレーズを入れていきます。
1.2.はCマイナーペンタトニックスケール(♭5入り)を使っています。
3.はCナチュラルマイナースケール 4.はCハーモニックマイナースケール 5.はC.メロディクマイナースケールをそれぞれ使っています。

5、全てをミックスして練習してみて下さい!

フレーズ11

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする