jazzスタンダードの名曲「All The Things You Are(オール・ザ・シングス・ユー・アー)のアドリブ研究」

こんにちは。
今回はjazzスタンダードの名曲「All The Things You Are(オール・ザ・シングス・ユー・アー)のアドリブ研究」というタイトルで書いていきます。
ちなみにこの曲は36小節のサイズです。
内容的にはテーマとアドリブ1コーラスで演奏しています。
(メロディー、コードは「ジャズ・スタンダード・バイブル」リットーミュージックを参考にしました)

アドリブ開始の37小節目から解説していきます。ちなみにテーマ部は「後ノリ」(レイズバック)で弾いています。

オール・ザ・シングス-1
オール・ザ・シングス-2
オール・ザ・シングス-3
オール・ザ・シングス-4

解説!!

37小節目(Fm7) Fエオリアンスケール。1拍目裏アプローチ音(刺繍音)

38小節目(B♭m7) B♭ドリアンスケール。1拍目2拍目裏、いわゆる「飲む音」ゴーストノート

39小節目(E♭7) E♭ミクソリディアンスケール。

40小節目(A♭M7) A♭イオニアンスケール。

41小節目(D♭M7) D♭リディアンスケール。

42小節目(Dm7♭5.G7) 前半Dロクリアンスケール。後半G hp5スケール。

43.44小節目(CM7) Cイオニアンスケール。

45小節目(Cm7) Cエオリアンスケール。2拍目アプローチ音

46小節目(Fm7) Fドリアンスケール。2拍目アプローチ音

47小節目(B♭7) 前半はB♭ミクソリディアンスケール、もしくは前のFm7のドリアンスケールが侵入。後半はB♭オルタードスケールの#9thと♭9thをクロマチックで繋ぐ。

48小節目(E♭M7) E♭イオニアンスケール。

49小節目(A♭M7) A♭リディアンスケール。

50小節目(Am7♭5.D7) Am7♭5無視でDオルタードスケール。

51小節目(GM7) Gイオニアンスケール。1拍目裏アプローチ音

52小節目(GM7) Gイオニアンスケール。

53小節目(Am7) Am7.11のコードと5th

54小節目(D7) D7.♭9.♭13のコードと♭9th

55小節目(GM7) Gイオニアンスケール。

56小節目(GM7) Gコードトーン(ルート、5th)に半音下からアプローチ。

57小節目(F#m7♭5) F#ロクリアンスケール。2拍目アプローチ音

58小節目(B7) B hp5スケール。

59小節目(EM7) EM7の3th。4拍目は次のC7のルートと9th

60小節目(C7) Cホールトーンスケール!

61小節目(Fm7) Fエオリアンスケール。

62小節目(B♭m7) B♭ドリアンスケール。1.2拍裏はいわゆる「飲む音」(ゴーストノート)

63小節目(E♭7) E♭オルタードスケール。1拍目裏、テンション同士をクロマチックで繋ぐ。

64小節目(A♭M7) A♭イオニアンスケール。

65小節目(E♭M7) D♭リディアンスケール(コードトーン)

66小節目(D♭m7) D♭ドリアンスケール。

67小節目(Cm7) Cロクリアンスケール。1拍裏.3拍裏アプローチ音

68小節目(F7) F hp5スケール。

69小節目(B♭m7) B♭ドリアンスケール。

70小節目(E♭7) E♭ミクソリディアンスケール。後半は次のA♭M7のコードトーン先取り。

71小節目(A♭M7) A♭M7の3thとルート

全体的にスラー(ハンマリング、プリング)を多用しています。遅いテンポの練習時、音符がビートに対して前にいかないように注意!

スタンダード曲の「Huse-A-Bye(ハッシャバイ)」のアドリブ研究 はこちら