子供のレッスンの問い合わせについて(ギター)

こんにちは。

今回は「子供レッスンについての話」というタイトルで書いていきます。私の教室では5歳から小学生までの小さいお子さんもレッスンに来ています。残念ながら「ウクレレ」ではなく、「ギター」のレッスンを選択されます。
「子供レッスン」については電話での問い合わせもよくあるので、今回このブログで書いていきます。

1、楽器の選択。

お子さんが「ギターやりたい!」と言った場合。大抵、そのやりたいギターは「エレキギター」か、弾き語りなどの「フォークギター」です。テレビ等で見て刺激を受けたと思います。
「クラシックギター」という選択は残念ながら少ないです。
因みに以前、有名な女性クラシックギタリストがTVに出演しました、後日教室に「子供がTVを見てギターをやりたくなった」等、の問い合わせかあり、改めてTVの影響を思い知った事があります。

最初の体験レッスンで、各ギターの解説をするのですが、お子さんとしては「ジャカ、ジャーン」という感じの「エレキギター」や「フォークギター」の方に興味がある事が多いです。
しかし私の考えでは最初に選択するギターは「クラシックギター」がいいと思います。(子供の場合)

理由としては子供に特化した教材や教本が多く、なるべく飽きさせない工夫が教本の中に散りばめられています。
もう一つとても重要なポイントとしては「譜面が読めるようになる!」です。クラシックギターの教本等はタブ譜の譜面も増えたのは確かですが、まだまだ「音符」優先です。ですから童謡などの曲を丁寧に音符を拾って音を出しているうちに、すっかりと音符を覚えてしまいます。
またお子さんの場合、「コードを弾いて伴奏」より「単音でメロディーを弾く」という方が、「ギターを弾いている!」という達成感が得られると思います。

2、30分の集中!(レッスン時間)

小さいお子さんの場合「30分を集中してギターを弾く」というのは大変です。なるべく、鍵盤などを使っての「音当てクイズ」(簡単な聴音)などを取り入れて飽きさせない事がポイントだと思います。

また、指導を厳しくしてギターが嫌いになってしまっては本末転倒です。
「ギターを弾く事は楽しい!」という気持ちが持続することが大事だと考えています。
お子さんの場合1曲弾けると興味がぐんとアップします。友達に聞いてもらったり、家族に披露したりと、
ギターを弾く事が楽しくなっていきます。

3、月謝等、

月3回、30分レッスンになります。
入会金は 8000円→4000円です。
(キャンペーン中、期間限定)
月謝は8000円です。
個人レッスンになります。

今回は宣伝のようなブログになってしまいました。「子供レッスン」を考えている方の参考になればと思います。

また次回

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする