3フィンガー奏法をウクレレに応用

こんにちは。
今回は「3フィンガー奏法をウクレレに応用」というタイトルで書いていきます。
この「3フィンガー奏法」はギターではポピュラーな奏法です。フォークやカントリーなどでもよく使われます。ただ親指(p)の移動が発生するので難易度的には高めになります。「3フィンガー奏法」自体色々な種類があります。ここではウクレレで使えそうなパターンを練習してみましょう。(ここではLow-Gの設定で進めていきます)

「3フィンガー奏法」は普通のアルペジオ(薬指まで使う4本指のアルペジオの意)と違い親指(p)の移動があります。そのため右手の安定が重要になります。ここでの注意点は2つです。1つ目は「手首を下げすぎない」です。手首が下がってしまうと指の動きが悪くなります。また手首が下がることにより肩が上がりやすくなり脱力が難しくなります。
2つ目は「右手は固定」です。ようするに動くのは指だけです。「3フィンガー奏法」の場合親指(p)が動くと同時に右手自体が動いてしまう事がよくあります。基本的には「アルペジオでは右手固定」です。左手のコードチェンジに意識を集中していると右手の動きの確認がおろそかになりがちです。練習の時はなるべく右手を見ながら練習しましょう。

SCAN0108

練習方法
まず図1を練習します。親指(p)が4弦から2弦まで動きます。1弦は人差し指(i)にします。この時の親指の動きがポイントになります。「親指(p)は上下に動かすのではなく円を描くように回す感じ。また親指(p)の根元から動かす」これがポイントです。文字で書くとわかりずらいので動画で確認してください。

次に図2を練習します。親指(p)が4弦、3弦、人差し指(i)が2弦中指(m)が1弦です。クラシックギターではよくあるアルペジオパターンです。3連になっているので軽快に弾けるまで練習しましょう。図3は逆のパターンになります。音の粒を揃えることも大事な点です。

実際の「3フィンガーのパターン」
図4が実践での「3フィンガーパターン」となります。これも親指(p)が4弦、3弦、人差し指(i)が2弦中指(m)が1弦です。図5のように最初の音を和音(2音だけですが)にしてもいいです。シャッフルにするのもいい練習です。(シャッフルは跳ねたリズムの意)

爪を使うべきか?
これは好みの問題になります。爪を使った方が音がクリアになりハッキリした音になります。ただ「爪を使う」と決めた場合、常に適度な長さをキープする必要があります。ようするに「定期的に爪を磨き、手入れをする」これが以外と面倒です。ちなみにクラシックギター奏者は基本、爪を使って弾きます。ウクレレも爪を使うのが主流になっていくと思います。

「ウクレレ、アルペジオ、ギターのパターンを取り入れる」はこちら
https://car.123guitar.net/2018/12/19/post-585/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする