「オーラ・リー」をメロディーとベースラインの2声で弾く!

こんにちは。

今回は「オーラ・リーをメロディーとベースラインの2声で弾く」です。

「オーラ・リー」はもともとはアメリカ民謡だそうです。(ラブ・ミー・テンダーのタイトルでもよく知られています)

この曲の編曲は、順序が逆になってしまうのですが、以前のクラシック件の曲を弾く為の練習曲的な感じで編曲しました。

「クラシックギターの小品をウクレレで弾こう!」はこちら
https://car.123guitar.net/2020/07/10/post-1877/

「古典ギター音楽の巨匠 F.ソルの小品をウクレレで弾く!」はこちら
https://car.123guitar.net/2020/07/15/post-1893/

コード弾きではなくメロディーとベースラインの2声を綺麗に弾くには結構練習が必要です。

ウクレレオーラ・リー

ポイント

1、メロディーは人差し指、中指で弾き、ベースラインは親指で弾きます。

2、ベースラインの音を切らないようにその音価まで伸ばします。

3、1小節目から3小節目までは全音符によるベースラインです。ルート音

4、4小節目から7小節目までは、ルート音、5度、3度によるベースラインです。

5、9小節目、10小節目は分数コードによるベースラインです

6、11小節目からは音階的なラインを使って対位法的にしています。

7、波線で繋がっている音符は同じ指を滑らせて繋ぎます。

8、運指に関しては私の好みが入っています。自由に変更して下さい。

スカイプレッスンレッスンもやっています!https://car.123guitar.net/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする