ウクレレ、楽器の買い替え!

こんにちは。
今回は「楽器の買い替え」についての話です。
生徒さんの中で「私はウクレレ1本しか持っていない」や「私はギター1本しか持っていない」という方はほとんどいません。みなさん2本以上の楽器を持っています。

楽器というのは「この楽器をずっと使っていこう!」と思っていても、月日が経つと「あの楽器、良さそうだな!」などと思い、ついつい購入してしまうものです。特にウクレレの場合、3タイプあるので最初「ソプラノ」を使っていても「コンサートタイプも買っておこう!」更には「テナータイプもいいな!」などと楽器が増えていきます。(笑)

これには「ウクレレが他の楽器に対して比較的安価」というのがあると思います。これはギターにも当てはまる事です。
生徒さんの中には10本以上の楽器を持っている方もいます。全ての楽器を均等に弾くのか尋ねた事がありますが「実際に使うのは2本位」との答えでした。

私も以前は沢山の楽器を持っていました。(今でも貸しギター等があるので数は多いのですが、、)しかし保管場所に悩まされて最終的に処分してしまいました。ちなみに楽器は買う時と違い、売る時は悲しいぐらいに安くなってしまいます、、、

楽器というのは基本的には自分のレベルに合わせてグレードアップしていくのが大道です。クラシック系の楽器では尚更です。

ここで問題になるのは「どれくらいの期間が過ぎたら次の楽器に移行するべきか?」という事です。

例えばクラシックギターでは子供用というのがあります。普通のサイズより小型の楽器です。ですから成長と共にギターを買い替えていくということになります。

ではウクレレやエレキギターの買い替えに関してはどうか?というと、
私の考えでは「モチベーションを上げる!」という理由がいいと思っています。「現在の楽器の音に飽きた」「音的にグレードアップしたい!」などの理由もあると思いますが、マンネリ的な練習やモチベーション低下の時に楽器を新調すると、一気に気分が変わります。(笑)この場合とても高価な楽器を買うという事ではなく、デザインなどの音以外の要素を重視してもいいと思います。
「安い楽器を沢山持っていても意味があるのか?」という意見もあると思いますが、新しい楽器にはそれなりの「自分のモチベーションを上げる」為のエネルギーのようなものがあるのは確かです。

最近はなるべく「アマゾン」や楽器店のサイトを見ないようにしています。無意識のうちに「ポチッ」としそうな気がして、、、(笑)

Pexels / Pixabay

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする