ウクレレ「sus4」とは何?

こんにちは。
今回は「sus4とは何?」というタイトルで書いていきます。

「sus4」は「サス.フォー」と言います。正確には「サスペンディト.フォース.コード」(suspended 4th chrd)と言います。(普通は「サス.フォー」と言います)

このコードは曲の中で意外と出てきます。よくドミナント7thコードでメロディーなどで完全4度の音が使われている時に出てきます。(keyCの場合G7sus4-G7-Cなどがよく出てくるコード進行)

ちなみにこの「sus4」というのは「掛留和音」とも呼ばれます。
この場合4番の音(完全4度)の音が掛留音となり下の3度の音に進みます。
(Csus4→C、D7sus4→D7 等)
(掛留音とは前のコードトーンが残って次のコードの不協和音となる音、次に協和音に解決する)

そしてこの「sus4」のコードは2種類あります

「sus4」と「7sus4」です。

例えば、「Csus4」は3和音の構成音となります。考え方としては、ド、ミ、ソの3和音(トライアード)に4度の音ファが入ります。この時、3度のミの音はカットされます。(ミとファが半音でぶつかる為)ですからド、ファ、ソという構成音となります。

「C7sus4」の場合は4和音となりC7のコード(ド、ミ、ソ、シ♭)に4度のファが入ります。そして3度のミの音はカットされます。ですから構成音はド、ファ、ソ、シ♭となります。

「sus4」も「7sus4」もそんなに難しいコードではありませんので、少しずつ覚えていきましょう!

「ウクレレ、9thコードとはなにか?」はこちら
https://car.123guitar.net/2019/12/17/post-1260/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする